cart 0

現在カート内に商品はございません。

ブログ

  • 干物のおいしい食べ方

    干物はグリル・フライパン・オーブンなど、様々な焼き方でお召し上がりいただけます。シーライフの干物、ぜひ美味しく焼いて食べて頂きたいです!目次・商品到着時・焼く前・焼き方(グリル)・焼き方(フライパン)・焼き方(オーブン)・盛り付け┃商品到着時  ・届いたら、冷凍庫で保存してください(冷蔵で届いた場合もすぐに食べない時は、冷凍庫での保管をおススメします)・1尾ずつ袋に入っていない場合は、サランラップを巻いて保管することで身が乾燥せず長持ちします・冷蔵庫で保存する際は、4日以内にお召し上がりください┃焼く前 ・解凍せずに、凍ったままそのまま焼いてください(身が厚い魚、短時間で調理をしたい場合は、冷蔵庫で表面が柔らかくなる程度(2~3時間)に解凍をしてから焼いてください)┃焼き方(グリル)しっかりとグリル庫内を温めてから魚を乗せてください中火で魚の身側からしっかりと焼いてください(約5分)全体に程よい焦げ目が付いたら裏返します火を少し弱めて皮側はじっくりと焼いてください(約3分)※魚の大きさやお使いの調理器具により、加熱時間は異なりますので、しっかりと魚の状態を見ながら時間や火加減を調節してください。┃焼き方(フライパン)1. フライパンを温めて、アルミホイルを敷いてください2. 魚の皮側を下にして、弱~中火でしっかりと焼いてください(約7分)3. 皮に焦げ目が付き、身の外側が白くなってきたら裏返します4. 魚の身側を下にして、身側にも焦げ目が付いたら完成です  ┃焼き方(オーブン)干物の皮目を上にしてオーブン皿に並べます。次に、オーブン機能を使って200℃に設定し、10分ほど焼きます。焼き上がりは、皮はパリッとして身はふっくらと仕上がり匂いも気になりません。また、オーブン機能搭載レンジで焼くことで、手軽に調理できるのでおすすめです。┃盛り付け   ※小さなお子様やご年配の方は、小骨やヒレ、尾などに注意してお召し上がりください 

    もっと読む
  • フライの食べ方

    袋から取り出し、冷凍のまま油で揚げてお召し上がりください。オススメの食べ方(バトウバーガー)揚げたてのバトウフライにタルタルソースをたっぷり付け、レタスと一緒にバンズではさめば、浜田市のイベントで長蛇の列をつくる「バトウバーガー」の出来上がり。簡単なので、是非お試しください。 >島根浜田港 バトウフライはこちらから >島根浜田港 どんちっちアジフライはこちらから

    もっと読む
  • しゃぶしゃぶの食べ方

    魚は外袋から出し、内袋のまま水に浸け(または流水で)解凍してください。約20分でほどよく解凍されます。鍋つゆを鍋に入れ、温めて、お好みの野菜と鍋つゆに潜らせ、お召し上がりください。 >出汁つゆで食べる のどぐろしゃぶしゃぶはこちらから >島根県浜田港 おまかせ旬魚のしゃぶしゃぶ 2種はこちらから >島根県浜田港 おまかせ旬魚のしゃぶしゃぶ 3種はこちらから

    もっと読む
  • ふぐ鍋の食べ方

    ボールに移して流水にて解凍後、お好みの具材と一緒に煮込んでお召し上がりください。※身が余ってしまった場合は、唐揚げや天ぷらにしても美味しく召し上がれます。 >島根浜田港 天然ふぐ鍋はこちらから

    もっと読む
  • あんこう鍋の食べ方

    身やアラはボールに移して流水にて解凍後、鍋でサッと湯通しすると灰汁や臭みが抑えられます。肝は、下処理済みですのでそのままお召し上がりください。※なお、あん肝特有の匂いが気になる方は、酒や塩を軽くまぶして20分ほど冷蔵庫で保管をすると食べやすくなります。※スープが付いている場合は、スープの外袋に記載されている分量を間違えないようにして、お召し上がりください。オススメの食べ方(あんこうのどぶ汁)①あん肝を弱火で炒めます(少量の調理酒で伸ばして炒めても良いです)。②付属の鍋の素の分量に従い、味噌スープを作ります。③お好みの野菜を加えてください。④アンコウの身にさっと火を通します。⑤〆は中華麺がオススメです。※中骨に注意してお召し上がりください。※身が余った場合は、唐揚げにも使えます。 >島根浜田港 天然あんこう鍋はこちらから

    もっと読む
  • 冷凍刺身盛りの食べ方

    袋のまま水に浸けて、または流水で解凍してください。約20分でほどよく解凍されます。袋から出し、お皿に盛り付け、お好みで薬味を添えてお召し上がりください。 >冷凍刺身2種盛りはこちらから >冷凍刺身3種盛りはこちらから >冷凍刺身4種盛りはこちらから

    もっと読む
  • のどぐろ炙り丼の食べ方

    魚は袋に入ったまま、流水で解凍してください。(解凍のしすぎには注意してください)熱々の白ご飯の上に「ノドグロ」を乗せて、付属の醤油タレをかけ、半分程度お召し上がりください。出汁を鍋で温め、先ほどの丼に注いでください。お好みで、山葵や海苔を加えてお召し上がりください。 >島根浜田港 のどぐろ炙り丼はこちらから

    もっと読む
  • 炙りのどぐろの食べ方

    魚は袋に入ったまま、流水で解凍してください。(解凍のしすぎには注意してください)お好きな大きさに切り分けて、「刺身」・「寿司」・「どんぶり」などでお召し上がりください。冷凍の醤油タレも、同様に流水で解凍してください。 >炙りのどぐろ2人前(醤油付き)はこちらから >炙りのどぐろ4人前(醤油付き)はこちらから

    もっと読む
  • のどぐろの煮付けの食べ方

    袋のまま、約15分間湯煎で温めてお召し上がりください。電子レンジを使う場合は、袋から取り出してお皿に乗せ、ラップをかけて、500wで6分間ほど温めてお召し上がりください。 >のどぐろ煮付けセット(錦)はこちらから >のどぐろ煮付けセット(塩瀬)はこちらから

    もっと読む
  • のどぐろの価値

     最後に、ここまで語ってきたのどぐろの市場価値および今後ののどぐろについてお書きします。 2014年以降、のどぐろは地元の人のみが食べている庶民的な魚から、海外のミシュランレストランや国内の一流料亭からも注目される高級魚となりました。 2015年~2018年頃がのどぐろの人気がピークに達している時期で、メディアへの露出、飲食店からの需要、各地で商品化が増えたことで、総じて漁獲量も増えていて浜田漁港にとっても大きな話題性を呼んでいました。のどぐろは浜値でキロ単価2,000円を超す当時としては破格の高級魚で、同じく高級干物であるキンキ(キチジ)やキンメダイに比べて魚体が小さいため、かなり高価な魚という印象が付きました。ですが、人生でのどぐろを食べたことない人がほとんどだったため、「TVで見たから一度は食べてみたい」というお客様や、「産地で食べた味が忘れられない」という反響の声が当社へも多くありました。皆様の中にもこの時期に初めてのどぐろを食べてファンになったという方が多いのではないでしょうか。この時期の急激な需要増加の影響もあったのか2020年頃からのどぐろの水揚げが低調な年が続き、漁獲されたサイズも小振りなものが目立つようになりました。供給が需要に追いつかない日々が続いていて、今では当初の2倍~3倍のキロ単価4,000円~6,000円が当たり前になっていて、ますます手の届きにくい高級魚になっています。この流れは、今後も続くと見られ全国から最高の魚が集まる豊洲市場はもちろんのこと、島根県や山口県といったのどぐろの一大産地、金沢など人気のある観光地でさえのどぐろは希少魚となっています。皆様も見かけたら是非お召し上がりください。

    もっと読む
  • のどぐろの味と美味しい食べ方

     のどぐろは、白身魚でありながら脂がしっかりとのっていて、柔らかくてとろけるような身質が特徴的です。魚自体にしっかりとした味わいやクセが強いわけではないので、様々な加工や調理方法によってのどぐろの美味しさは2倍3倍にもなります。特に火を通すことでとろっとした脂がまろやかに感じられ食べやすくなります。主なのどぐろの食べ方は以下の通りです。・一夜干し(干物)・・・のどぐろの柔らかい身を干すことで食感を良くし、余分な水分を出すことで旨みを濃くします。焼くことで魚にジューシー感を与え、老若男女問わず美味しく召し上がれる食べ方です。・塩焼き・・・干物よりもふっくらとした柔らかい身質を堪能できます。脂が多いので骨離れも良く食べやすいです。・煮つけ・・・島根県浜田市では昔から小型ののどぐろが獲れた時は煮つけが定番でした。醤油と味醂でつくる甘めのたれでじっくりと煮込んだのどぐろの身はほろほろに柔らかく、白米がすすみます。・しゃぶしゃぶ・・・のどぐろのもつ脂の甘味や旨みを1番に感じられる食べ方です。サイズが大きいノドグロの方がクセが少ないので、しゃぶしゃぶには適しています。・炙り(刺身)・・・特に鮮度の良い、赤色にぴかぴかと光るのどぐろが取れた際には是非食べてもらいたいです。産地でも観光客の方に人気のある食べ方です。皮が固いので、ご家庭で調理される際は炙ることをおススメします。

    もっと読む
  • のどぐろの産地

     のどぐろは、日本海側の北陸~山陰~長崎までが主な産地となっています。それぞれの産地でのどぐろの獲り方や、獲れる大きさ、獲れる量、美味しい食べ方は異なってきます。全体的な水揚げ量からいうと、山陰沖付近で多く獲れていて、島根県と山口県の2県の水揚げの合計が全体の約80%を占めています。その理由はおもに2つあり、1つは山陰沖(特に実際にのどぐろ漁が行われている対島付近)には暖流と寒流が交わる潮目が存在し、そこで生息するプランクトンが豊富であるので魚が良く育つということ。もう1つは、のどぐろを獲る漁法にあり、島根・山口の両県では、古くから底引き網漁業が根付いていて、海底100~200メートル付近に生息しているのどぐろを大きな網で1度にまとまった量を獲ることができるからです。 島根県はプライドフィッシュ(地元漁師が自信をもっておススメする魚)の1つにのどぐろを選定していますし、浜田市は市の魚にのどぐろを制定しています。水揚げ量が全国トップクラスなのはもちろんですが、ブランド化、PRするという面においても島根県はのどぐろの一大産地であると言えます。

    もっと読む
  • のどぐろの旬はいつ?

     そもそも「旬」という考え方には2パターンあり、“1年の中で最も脂がのる美味しい時期”と“その魚が大漁にとれて手に入りやすい時期“に分けて考えられています。その考え方の違いからのどぐろの旬にも幾つか所説があり、旬は「1年中」・「夏~秋」「秋~冬」などと記載されていることが多いです。 島根県水産技術センターの研究によるとのどぐろの脂質含有量は季節によって変動することがないとされていて、1年中ずっと脂がのっていて旬に限らず美味しく食べられるということです。もともと他の白身魚に比べて断然脂がのっているのでどの時期に食べても外れなく美味しく食べられるのがのどぐろの良いところでもあります。「夏~秋」は、産卵期前でのどぐろが体に脂肪を蓄えるからということからきています。実際のところ、8月中旬~9月にかけて獲れるのどぐろは特に脂がのっています。浜田漁港や下関漁港では、禁漁期間明けとなるこの時期が年間を通じて最ものどぐろが水揚げされる時期であることから、のどぐろの脂ののり具合と水揚げ量の多さという観点からいうと、「夏の終わり~9月頃」が旬と言えるでしょう。「秋~冬」時期は、数年前までは「夏~秋」と同じくらいの水揚げ量があり、日本海の寒さに耐えるのどぐろが脂肪を蓄えると言われてきました。しかし、ここ数年は冬時期ののどぐろの水揚げが低調になっているため、食べられる機会も少なくなりました。美味しい時期だけど、お目にかかりにくいという幻し要素からすると「秋~冬」ものどぐろの旬と言えるはずです。水揚げされる地域や、魚屋さんの旬に対する考え方でものどぐろの旬は変わってきますので、実際に産地へ出向いたり、問い合わせをしてみたりして旬をお確かめください。

    もっと読む
  • なぜのどぐろっていうの?

     実は、のどぐろ(喉黒)という呼び名は「喉の奥が黒い」という由来で付けられた通称になります。 正式名称(標準和名)はアカムツ(赤睦)です。ムツという文字が使われていますが、分類上は本ムツやクロムツとは異なり、すり身や練り物の原料としてよく使われている「ホタルジャコ科(スズキ目スズキ亜目)」に属します。関東方面や東京では、赤色をしたムツということでアカムツという呼び名が昔からの主流です。「むつ」には「脂っこい」「むつっこい」という意味合いも含まれていますので、脂がのっているのどぐろにぴったりですね。 のどぐろという呼び名は主に、日本海側ののどぐろの産地である、新潟県・富山県・石川県(金沢)・福井県・兵庫県(香住)・鳥取県(境港)・島根県(浜田・大田・出雲・松江)・山口県(下関)・長崎県(対島)辺りでは一般的に呼ばれていましたが、2014年に島根県出身のプロテニスプレーヤー錦織圭選手が「のどぐろが食べたい」と発言されたことがのどぐろという呼び名を全国へ一気に拡大させ、メディア・飲食店・世間一般の生活に置いてもアカムツよりものどぐろの愛称で呼ばれることが多くなりました。 ちなみに、島根県浜田漁港の水産のプロたち(漁師、競り人、仲買人など)は、現在ものどぐろではなく「ムツ」または「アカムツ」と呼んでいます。漁港で競る際に使用する発泡スチロールには「のどぐろ」ではなく「ムツ」と表記された魚が並び、浜田漁港周辺の鮮魚店に並べられている値札には「アカムツ」と表記されることがほとんどです。

    もっと読む
  • はじめに

     干物にしたら1番美味しい魚は何ですか?とお客様に聞かれたら、僕は真っ先に、「のどぐろ」と答えます。毎日のどぐろの事を考えているからこそ特別な思い入れがあり、食べた時の美味しさにも反映されるのでしょう。このショップでお買い物される皆様にも同様に、のどぐろの事をよく知ってお召し上がりいただくことで、これまで以上に美味しくお召し上がりいただければ幸いです。

    もっと読む

検索

タグ

取り扱い商品

のどぐろ
のどぐろ
あじ
あじ
かれい
かれい
干物
干物
オススメ
炙り・刺身
炙り・刺身
オススメ
煮付・フライ・惣菜
煮付・フライ・
惣菜
オススメ
鍋・しゃぶしゃぶ
鍋・しゃぶしゃぶ
オススメ
icon
缶詰一覧
icon
のどぐろ缶詰
オススメ
icon
どんちっち缶詰
オススメ
icon
今朝の浜-缶詰-
オススメ
icon
ごはんのお供・
その他
こだわり
icon
未利用魚商品
こだわり

シーライフの魚

icon
のどぐろ
icon
あじ
icon
かれい
icon
さば
icon
けんさきいか
icon
ふぐ
icon
れんこだい
icon
するめいか
icon
あまだい
icon
あんこう
icon
あなご
icon
その他

お支払い方法

代金引換について
商品購入代金の合計が
1万円未満の場合¥330、3万円未満の場合¥440、3万円以上の場合¥660となります。

銀行振込
銀行名: 山陰合同銀行 0167
支店名: 浜田支店 043
口座種別: 普通
口座番号: 3820354
口座名義: 株式会社シーライフ
※先払いのお振込みとなります。
※振込み手数料はお客様負担でお願い致します。

クレジットカード(手数料は無料です)

クレジットカード一覧

配送について

通常は当店からの出荷に関しましては、ご注文・ご入金を確認してから5営業日以内の出荷となっております。

なお、商品の種類によっては、発送までに1週間以上お時間を頂く場合もございますので、予めご了承下さいませ。

配送業者:佐川急便

以下のお届け時間の指定が可能です。
午前中、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~21時

※クール便配送商品と、通常商品は同時購入できません。

配送料について

地域名 常温配送料金 冷凍配送料金
北海道 1,430 1,560
東北地方 1,100 1,320
関東地方 750 1,150
中部地方 800
※新潟・長野 930
※山梨 750
1,150
関西地方 770
※三重 800
※和歌山 640
1,050
※三重 1,150
中国地方 640 1,050
四国地方 800 1,050
九州地方 770 1,050
沖縄県 1,910 2,100

※クール便配送商品と、通常商品は同時購入できません。

熨斗について

熨斗をご用意しております。熨斗対応が可能な商品には無料でお掛けいたしますので、ご希望の方は商品詳細ページでお手続きください。

SeaLife ONLINE STORE

ページトップへ